スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接を有利にする方法!→筆記の能力検査で高得点を取る!

2006–12–22 (Fri) 07:42
>能力検査はどれだけの点数を取ればよいのかという話と性格検査の対策が必要か否かについて語ろうと思う。

と以前書いてそのままだったので、このテーマについて本日語ろう。

はっきり言って、能力検査の点数は高ければ高いほど良い。
面接の際に、露骨に出る。
面接官は「君は計数も言語も点数高いね。トップクラスだよ。すごいねー。」とニコニコ顔の人事に出会うことが頻繁にあった。
面接は正直確認程度というのが大半だった。

逆に、知人は点数がボーダーぎりぎりだったようだ。言語で点数を稼いでも、計数が常に悪いというタイプだった。
面接官には「君の計数の点数はずいぶん悪いね。もともと数学は苦手なの?それとも、この日体調が悪かったの?」と聞かれることが多かったそうだ。
面接も印象の悪いことが多かったそうだ。1つのことを執拗にネチネチと突っつかれることが多かったという。
当然、落ちることも少なくなかった。

私の勧めで、その知人は2週間ほど集中して筆記対策に時間を費やした。
このときに重要なのは一通りやることではない。
繰り返し解いて、反射的に答えが導ける程度までやりこむことだ。

「どこまで勉強すればよいのか?」という質問がよくあるが、「1冊の問題集でわからないところが無い状態」で、かつ、「反射的に答えが導ける状態」になるまでやることだ。

この状態になれば、ある程度の高得点が取れるようになる。
わからない問題が出ても、それはあきらめて、解ける問題は確実に全部正解するという状態にまずはなればよい。

面接の受け答えを劇的に改善することは至難の業だ。
また、自分の学歴を変えることも不可能だ。
自分の容姿を短期間で向上させることも難しい。
資格を取るのにも時間がかかる。

しかし、筆記の点数を上げるのには数週間時間を使えばよいだけだ。
飲み会や遊びに出る機会、ゲームをする時間を削れば、時間はいくらでも捻出できる。
移動時間やちょっとした隙間の時間も使える。
筆記の点数の向上は、面接官が持つ諸君の印象を大幅に良いものにしてくれる!
筆記対策は、「時間」のわずかな投資で、「面接スタート前からの好印象」という大きなリターンを得ることができる!つまり、非常に時間の投資効率が良いものなのだ!


性格検査の対策の必要性については明日語ろう。


筆記対策は投資効率が良いという話は、「筆記試験の完全攻略」(内定ロボット著 日経HR)に詳しく書かれている。



参考になったら、以下をクリック!
 ↓
人気blogランキングへ





にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

FC2 Blog Ranking

ランキングオンライン


ブログランキング

ブログの惑星ランキング

ブログランキングranQ


スポンサーサイト
テーマ→■就職活動 / ジャンル→就職・お仕事

トラックバック

トラックバックURL

http://akuma090.blog68.fc2.com/tb.php/15-ac8b72b1

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

就活の悪魔

Author:就活の悪魔
●このブログはリンクフリー。(リンクの申し出は不要)
●連絡はakuma090090◎yahoo.co.jpへ(左記は@を◎にしている)



アクセス解析


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。